2012年06月16日

【過去保有】コナカ(7494)

本日は過去保有銘柄よりコナカ(7494)について、分析していきます。

主要指標 :株価⇒905円(2012年6月15日現在)
     :財務データ⇒(2011年9月末現在)

1割安性 
 PER:33.2倍
 PBR:0.79倍
 配当利回り:0.77%

2安全性
 株主持分比率:51.9%
 有利子負債比率:37%
 有利子負債依存度:19%

3成長性
 売上高(前年比):黒字転換
 営業利益率(前年比):黒字転換

4規模
 時価:282億円

コナカはアオキ、青山と同業界の紳士服を展開しています。

4〜5年前、コナカに注目したのは、スーツの割引優待にひかれたことと、紳士服業界で指標的にも割安だったためです。

しかし、当時のコナカはリーマンショックで赤字となり、減配となり、株価も低迷。また、スーツも特に量販店で買う必要もなくなったため、コナカの株式を手放すことにしました。

そんなコナカの株価も2012年5月29日には、1160円まで上昇していました。

ちなみに、当時の取得価額は330円。

ずっと、保有していれば、3倍〜4倍株となっていたようです。

これを教訓にすると、配当がなくとも、将来、業績が回復する企業と判断できれば、5年以上のスパンでもり、保有することも選択肢の1つになりえるということです。

現状は、コナカの指標に割安感もないため、買い増す予定はありませんが、コナカのような銘柄を探す努力をしようと思います。


↓ブログランキングにご協力ください。(ブログの励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ 100通貨単位・1000通貨単位へ
にほんブログ村


 
posted by ポン at 23:31| Comment(0) | 【株式】過去保有銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

【過去保有株式】ドトール(3087)

今週は株式も為替もボロボロの1週間でした。

まあ、その話は、別の記事でするとしまして。

1週間はさんで、私の過去保有していた株式の分析をしていきます。


今回は、ドトール(3087)について、分析していきます。

主要指標 :株価⇒981円(2012年5月18日現在)
     :財務データ⇒(2012年2月末現在)

1割安性 
 PER:12.2倍
 PBR:0.58倍
 配当利回り:2.65%

2安全性
 株主持分比率:78.8%
 有利子負債比率:3%
 有利子負債依存度:3%

3成長性
 売上高(前年比):4%
 営業利益率(前年比):-15%

4規模
 時価:496億円


ドトールはその名の通り、喫茶店ドトールを全国展開しています。

個人的には、ドトールは財務的にも安定していて、長期ホールドしていた方のですが、なぜか、株価がじわじわと落ち続けています。

なぜか、と考えたときに売上高は横ばいですが、営業利益は徐々に減少しているということが読み取れます。

私は、あまり、コーヒーは飲まないのですが、周りに聞くと、味がほかのコーヒーチェーンより、劣るとか、スタバ等に比べて、ブランド力が弱いということが聞かれます。

また、配当利回りがやや低いこと、株主優待が、私にとって魅力的でないことなどから、売却に至りました。

それでも、株価が900円近くに落ちましたら、再び、買ってみたいと思っています。

なんといっても、財務的な安定性は抜群だし、2月の優待確定日までには、徐々に上昇すると思うからです。


↓ブログランキングにご協力ください。(ブログの励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ 100通貨単位・1000通貨単位へ
にほんブログ村


 
posted by ポン at 19:11| Comment(0) | 【株式】過去保有銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

【過去保有】ビックカメラ(3048)

いままで、保有株式について、分析してきましたが、保有株式もすべて紹介し終わったので、これからは、過去保有していた株式を記載していきたいと思います。

今は、手放してしまいましたが、保有していたほうがよかったのか、買い戻したほうがよいのか。検討してみたいと思います。


まずは、ビックカメラ(3048)について、分析していきます。

主要指標 :株価⇒1,460円(2012年5月2日現在)
     :財務データ⇒(2011年8月末現在)

1割安性 
 PER:7.4倍
 PBR:0.94倍
 配当利回り:2.55%

2安全性
 株主持分比率:30.2%
 有利子負債比率:99%
 有利子負債依存度:30%

3成長性
 売上高(前年比):1%
 営業利益率(前年比):35%

4規模
 時価:676億円


ビックカメラは株主優待族の間では、持っていない人はいないのでしょうか。

家電量販業界は、大変価格競争の激しい業界です。ヤマダ電気が業界一位ですが、私は、近くにある量販店というと、ビックカメラのため、ビックカメラを使う機会が多いです。

ビックカメラは優待目的で買いましたが、買った直後に、SPC問題で、監理銘柄に入り、株式投資の恐ろしさを学んだ銘柄です。

今は、徐々に株価も上がっており、直近の最高値より、少し落ち着いてきたので、買い戻してみたいと思っています。


↓ブログランキングにご協力ください。(ブログの励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ 100通貨単位・1000通貨単位へ
にほんブログ村


 
posted by ポン at 19:49| Comment(0) | 【株式】過去保有銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。